医療法人社団 大樹

理念

私たち医療法人社団大樹は、すべての患者さんの健康を、歯科医療を通じて共に良好に維持できるプロになることを目指しています。

『木を見て森を見ず』という言葉がありますが、医療の現場は、『病気を見て人を見ず』という医師が増えてきていると感じています。
病気というのは、基本的には生活習慣によるものがほとんどです。患者さんの生活状況を見なければ、根本的な改善ができないはずです。症状だけを見て、そこを治しさえすれば良いという治療には疑問を持っています。
歯の治療ひとつにしても、体全体、生活全般を見ることが大事だと私たちは考えています。その実現のため、高度な医療技術・世界最高水準の機器を用意し、患者さんの多様なニーズに対応できるよう万全を期しています。→忙しいビジネスマンの方へ

歯医者さんといえば、「痛い」という印象があると思います。しかし、最近は痛くない治療が進んできています。もちろん絶対痛くないという保証はできませんが、以前に比べて明らかに痛みは少なくなってきていることは事実です。100%痛みを回避し無痛というのは難しいところではありますが、極限まで痛みのない治療は可能になりつつあります。
虫歯は時間が経ち、悪くなればなるほど痛みは強くなります。奥の歯が虫歯になると抜かなければいけなくなったり、歯周病でグラグラして自然に抜けてしまうことにもなりかねません。
歯周病は、虫歯ではありませんが、歯にしみて仕方がなくなる症状が出ます。いろいろとマイナス要因がどんどん増えてきますから、対応としてはやはり予防的なスタンスをどれだけ守っていけるかにかかってきます。本当に継続は力なりという言葉があるとおりです。本当にそこに尽きます。

また、患者さんとのコミュニケーションを重視することで、適切な治療を行い、再発を極限まで抑えるよう心がけています。→治療方針へ

当院にやってくる患者さんの中には、他の歯科医院に行ったけれど、嫌な扱いを受けて、うちに来る人がたまにいらっしゃいます。前行っていた歯医者さんでは、レントゲンを見ながら、「これはひどい!抜くしかありません」と言われてショックを受けたとおっしゃっていた人もいました。
患者さんの口の中の状況を正確に伝えることは大切なことではあるのですが、それ以上に、患者さんの気持ちを考え、安心して受診していただけるように配慮することが大切です。

そんな思いやりのある治療を心がけていきたいと思っています。