医療法人社団 大樹

最小限の痛みで親知らずを抜きたい方

「歯科口腔外科」という言葉はご存知ですか?

現代の歯科医学は『予防』と『治療』を目標にしていますが、もうひとつ口腔外科という側面も非常に大事なものとして扱われています。

歯科口腔外科は、虫歯や歯周病、インプラント(人工歯根)、親知らずの抜歯、顎関節症(あごが痛い、ガクガク鳴る、口が開かない)、口内炎等を含め、口の中に発生する疾患に対応する外科診療の総称です。

それだけでなく、口の中に限らず、周囲の隣接する組織に起こる疾患、全身疾患と関連のある口のなかに生じる疾患、あるいは何らかの病気を持っている方の治療も広く含まれます。顎の骨折や受け口、上顎前突(出っ歯)、小顎症(下あごが小さい)、ガムスマイル(笑ったときに歯茎がみえる)なども歯科口腔外科の手術により治療することができます。科口腔外科の中に歯科治療が含まれるとお考えください。

骨格や皮膚等の関係により希望通りの口元を実現する事は難しいと言われていますが、形成外科医とのタイアップにより、噛み合わせはもちろん、美しくなりたい口元に形成する審美的な治療も可能になってきています。いつでもご相談ください。

私たちは、一般的な歯科医院より広い範囲で口腔内の診察をして、外科的処置を行っています。