医療法人社団 大樹

歯ぎしりを治したい方

「歯ぎしりがうるさいよ」って家の人に言われたことがありませんか?
自分では自覚はないけれど、周りの人にはよくわかります。
聞いている側からすれば嫌な音です。
その点では、いびきと同じですね。

「でも、歯ぎしりしたからといって痛いわけではないし、別にいいんじゃない?」

そう思っているかもしれません。
でも、それって本当なんでしょうか。

ここで少し歯ぎしりについて考えてみましょう。

歯ぎしりの原因とは?

歯ぎしりの原因は、ストレスによるものがほとんどです。仕事や夫婦・家族の問題・自分や家族の病気・身近な人の死・育児や老人の介護による精神的肉体的なストレスです。心の変化と関係がありそうですね。

欲求不満や心が落ち着かない時に、人はその発散のため体をゆすったり歩き回ったりいろいろな仕草をします。歯ぎしりも同じですね。ストレスがあるときには、そのストレスを発散させるために歯ぎしりを必要としているのです。

歯ぎしりは、歯をすり減らすか、歯を揺らす力になってしまいます。歯が歯ぎしりによって揺れると、歯茎を退行させ、歯を支えている顎(アゴ)の骨を消耗させて溶かしてしまう危険性があります。

ちなみに、歯茎が退行してしまうのは、歯ブラシの仕方が原因だと思われていましたが、実際には歯ぎしりによる影響が圧倒的です。

歯ぎしりを放っておくとどうなるか?

歯ぎしりを放っておくと、歯が磨り減ってきます。さらに歯が欠けたり、上下の顎の骨も消耗し、噛むだけで痛みが走るようになってしまうこともあります。
また、歯肉も退行して歯の付け根まで露出してきてしまう可能性も出てきます。

歯ぎしりの予防方法は?

歯ぎしりは、メンタル的な面が原因で起きる症状なので、ストレスから開放されることが一番です。今の生活環境でどんなストレスがあるのか振り返ってみる時間を取ってみましょう。歯医者さんによっては、メンタル面でのケアについても、しっかりカウンセリングの時間を設けてアドバイスしてくれるところもあるから探してみるといいかもしれませんね。当医院でも、もちろんメンタル面からのカウンセリングを行っております。

歯ぎしりの治療の流れ

まず、歯ぎしりによって口の中がどうなっているか検査を行います。その上で状況を確認して治療をする流れになります。歯ぎしりはメンタル面での原因が大きいので、できるだけストレスを受けないようなアドバイスをすることもあります。

治療として一般的なのは、患者さんの合ったマウスピースを作成することです。寝るときにそれをはめて寝てもらうようにして、夜中に歯ぎしりによる歯へのダメージを軽減されるようにします。

歯ぎしり治療にかかる費用の目安は?

マウスピース・・・保険適用されるので、約5,000円ぐらいでできます。

<噛み合わせや歯並びについて>

噛み合わせとは

歯の噛み合わせ(咬合)とは、上顎(あご)と下顎とが閉じた時の接触状態をいいます。
歯並びが良ければ、噛み合わせも正常です。
上の歯と下の歯が口を閉じたときに噛み合っているかということですね。

人間の歯というのは、親知らずも含めると、大人で上下各16本づつ合計32本の歯があります。
本来それぞれの歯がしっかりとあるべき場所に生えていれば噛み合わせに問題が発生することはありません。しかし、ちょっとしたことで噛み合わせに異常が発生することがあるんです。

例えば、乳歯から永久歯への生えかわる小学生の時、抜歯やむし歯の治療の後隣の歯がずれてきてしまったり、親知らずの生える場所などで噛み合わせが変わり、咬合もずれてきてしまうのです。 顎と歯の大きさのバランスによって噛み合わせが変わってくるのですね。

また、年齢と共に咬合や歯並びも変化していくのです。

そして、口の中に髪の毛一本、まつ毛一本入っていたとしても、歯は感知できるほど優れたセンサーを持っています。したがって、ちょっとした噛み合わせの変化でも、敏感に知覚して体のあらゆる部分に関係してくることになります。

また、虫歯があって噛むたびに歯や歯茎に痛みが起きて不快感が生じると、無意識に痛みを避けるために顎をずらして噛む癖が付くようになります。

次第にその噛み方に慣れてきて、そのまま定着してしまいます。すると、噛み合わせが長い間には顎の骨や筋肉に大きな負担をかけ、顎関節症を引き起こしてしまう事になりかねません。

また、歯を抜いたままにしておくと、その抜けた後を補おうと残った歯が傾いたり、伸びたりしてしまいます。歯にかぶせ物をしたり、義歯を入れたりして何年か経つと、それらが減ったり、無理に噛み合わせようとして、不正咬合が起こる場合もあります。

不正咬合とは

不正咬合とはすなわち、歯並びや噛み合わせの悪さが見た目だけではなく上下それぞれの歯が異なった場所で噛み合い、その役割が機能しない状態です。
歯が持つ噛み合わせの機能だけではなく、それに伴う身体へ悪影響をおよぼします。

噛み合わせが悪くなる原因

あまり知られていませんが、歯の噛み合わせが悪くなると、体のいろいろな部分に変調を来たします。噛み合わせと体の関係は深く、噛み合わせの状態により様々な症状を引き起こし体に影響を及ぼすのです。

代表的な症状は顎関節症です。口を開けるとアゴの関節に痛みを感じたり、顎の関節左右の動きにズレがあって違和感があるときというのは、顎関節症である可能性が高いです。

また、物を噛む際に顎の関節に痛みを感じたり、顎がはずれそうになるケースも同様です。

ひどいときには、口をほとんど開けることができないほどになってしまいます。

肩こり・腰痛・関節痛をはじめとして、自律神経失調症、不定愁訴等で、原因不明の症状の場合、歯の噛み合わせが影響していることが多く見受けられます。

しかし、普通、体調が良くないからといって、内科や整形外科にいっても、歯の噛み合わせが原因だといわれることは、まずありません。というのも、噛み合わせは歯科の専門領域とされており、内科や整形外科とは完全に別のものだという認識されているからです。

一方で患者さんの側でも、肩こり・腰痛がひどければ整形外科や整体、接骨院に行き、頭痛が激しければ内科に行くのが一般的ですね。だから、本当の原因を知らないまま、ただ通院を繰り返し、薬を常用し続けているという方が少なからずいらっしゃるのではと思います。

もし、長年頭痛、肩こり、腰痛等でお悩みでしたら、噛み合わせに問題があるかもしれません。

「もしかしたら噛み合わせが原因かもしれない」と思ったら、早めに当院までご連絡ください。