医療法人社団 大樹

金属アレルギーを治したい方

金属アレルギーとは、身体につける金属によってアレルギー反応(皮膚症状、脱毛など)を起こす疾患です。

近年、歯科治療において、金属をできる限り使わないようにすることが提唱されてきています。なぜなら、日本では歯の治療をする際に、銀歯を入れることが多いからです。

とはいえ、最近では健康保険の適用基準との関係で銀合金を使用することが多く、体全体に悪影響を及ぼすケースが増えてきているようです。特に金属アレルギー反応での疾患が問題になってきました。

私たちは、意外と口の中の金属には無頓着です。口の中の環境というのは、金属があるとイオン化して溶け出しやすい性質を持っています。金属のイオンが唾液や口腔細菌、血液といったタンパク質と結合することで、皮膚炎や肌のシミ・しわ、脱毛等といったアレルギー反応が発生するのです。アトピーの原因のひとつとして金属アレルギーが含まれる場合すらあります。

また、口の中の金属は帯電しやすく、ガルバニー電流と呼ばれる微弱電流を生じて脳波を混乱させたり、頭痛や関節痛を増幅させてしまうことがあるので、その点でも注意が必要です。

現在心配されていのは、口の中の金属が原因で免疫力が下がり、老化や癌(ガン)が促進されてしまう可能性があるということです。とはいえ、現段階では金属をまったく使わない歯科治療は困難ですから、患者さんの体質に合わせた金属素材を選ぶことが大切です。

そこで、セラミックやチタン、ゴールドといった生体親和性が高い素材を使用することで金属アレルギーを低減させる努力がなされるようになってきています。この点からも、失われた歯を回復するには、チタン製インプラント(人工歯根)とセラミックの人工歯冠が安全な選択といえるでしょう。

なお、金属を使わずに、非金属であるセラミックスやレジンで治療する方法をメタルフリーと呼びます。

これからの歯科治療はメタルフリーの方向へ進んでいくことになるでしょう。ですので、金属アレルギーによる体全体の影響を考えると、当院では現段階ですでにメタルフリーを提唱していますので、ご相談ください。

もちろん、最も大切なことは、虫歯や歯周病を事前に防ぐこと。最近の予防歯科は急速に発展しており、虫歯菌や歯周病菌を取り除く方法がかなり実用化されています。

金属を口の中に入れる治療をせざるを得なくなる前にきちんとした予防歯科のプログラムを受け、未然に虫歯や歯周病にならないよう心がけましょうね。