医療法人社団 大樹

歯がグラグラして困る方

虫歯というわけではないけれど、なぜか歯がグラグラすることはありませんか?もしかしたら「歯周病」になっている可能性があります。

「歯周病?たまに聞くけど、痛くもないし、放っておいても大丈夫でしょ?」

いえいえ、歯周病をあなどってはいけませんよ。
結構恐い病気なのですから。

なにがそんなに恐いのか?
少しご紹介してみますね。

歯周病とは?

歯周病は、歯を支える歯茎が炎症を起し、顎(あご)の骨が溶けてしまう病気です。虫歯と同じで細菌による感染症です。歯を磨いたりものを食べたときに血が出たりするのは、まず間違いなく歯周病といっていいでしょう。
歯と歯茎の間に歯肉溝と呼ばれるミゾがあります。歯肉溝は健康な人だと2〜3ミリ程度です。ところが、歯肉が炎症をおこして腫れて3ミリを超えると、歯肉溝から歯肉ポケットとなり、歯がグラグラして最終的には抜けてしまいます。これが歯周病です。ですから、歯周病というのは実は恐い病気で、進行していくと歯が抜けていってしまいます。さらに、歯茎が弱るので、インプラント治療もできなくなってしまいます。

歯周病は痛みを伴うことがないので自覚の少ない病気です。ですから、実態は軽いものも含めれば、30代以上の8割の人が歯周病になっていると言われているから恐いです。なので、歯茎から血が出ていることに気付いたら、歯周病の可能性がありますから、躊躇することなく歯科医院へ急行してくださいね。

歯周病

歯周病治療(歯垢、歯石除去)とは?

中程度までなら進行を止めることができます。ただ顎の骨が溶かされてグラグラしてきたら抜歯も考えられます。

歯周病で大切なのは、治療よりも予防です。口の中をきれいにすることです。丁寧なブラッシングや歯間ブラシを心がけてください。

自覚症状がなかったとしても、3〜4ヶ月に一度は歯医者さんへ行き、口の中をチェックしてもらってください。歯科医や歯科衛生士といった専門家に歯石やプラークを取り除いてもらうと、日頃自分でやっている歯磨きでは行き届かないところまでしっかりきれいになるので、歯周病や虫歯の進行を劇的に低下させることができます。

歯周病を放っておくとどうなるのですか?

歯周病というのは、30代以降のほとんどの人(8割以上)がかかっているといわれるほどポピュラーな病気ですが、実は、放っておくとすべての歯が抜けてしまうほど恐ろしい病気でもあります。ですから、「もしかして歯周病かも?!」と思ったら、すぐに当院へお越しください。

歯周病の原因

歯周病の原因は、プラーク(歯垢)です。歯周病・歯槽膿漏も虫歯と同じく感染症です。プラークが歯周病を引き起こす細菌を媒介する役割を果たしているのです。ですから、歯や歯茎にプラークや歯石が付いていると、歯周病になりやすいということになります。プラークは歯ブラシによるブラッシングで落とせますが、歯石になってしまうと硬くなり、歯にしっかりとこびりついてしまうため、歯ブラシでは落とせなくなります。

また、歯周病になる原因として、親から子へ食べ物を噛みくだいて口移しをする場合、親に虫歯や歯周病があると、そのまま感染してしまうことがあるので注意してくださいね。

それ以外には、「歯にかかる過大の力」「ストレス」「たばこ」「糖尿病」といったものが原因としてあげられます。

これらが複合的に組み合わさって歯周病を発症させ、進行を促進しているケース数多く見受けられます。

歯周病の治療の流れ

まずどの程度歯周病が進行しているのか検査をします。歯や根の汚れの付き具合や歯肉溝の深さの確認をします。

歯肉溝は2〜3ミリぐらいは正常で、3ミリを超えると『歯周ポケット』という言い方になります。4ミリ以上になると、歯ブラシでは届かなくなるのでさらに歯周病が進行する確率が高くなります。

歯周病の状況の検査、細菌の数、唾液の検査をすることで、歯周病の進行具合を確認することもあります。そして、患者さんに状況をお伝えし、ブラッシングの方法をアドバイスしていきます。

ポケットが深くなりすぎて治療できない場合は、歯周外科という形で、ポケットの部分の歯肉を切除する手術をするケースも出てきます。