医療法人社団 大樹

治療方針

診療理念

医療法人社団大樹は、すべての患者さんの健康を、歯科医療を通じて一緒になって良好に維持・管理できるプロフェッショナルになることを目的としています。その実現のため、高度な医療技術・世界最高水準の機器を用意し、患者さんの多様なニーズに対応できるよう万全を期しています。また、患者さんとのコミュニケーションを重視することで、適切な治療を行い、再発を極限まで抑えるよう心がけています。

診療理念

「歯科医療を通じて患者さんのからだ全体の健康を維持・管理できるプロフェッショナルになる」

そのために

1.高度な医療技術・世界最高水準の機器を用意し、患者さんの多様なニーズに対応できるよう万全を期しています。

2.患者さんとのコミュニケーションを重視することで、適切な治療を行い、再発を極限まで抑えるよう心がけています。

診療方針(患者さんに関する方針)

1.医療人としての意見・提案を患者さんの立場に立って丁寧に説明し、長期的にベストの治療を提供します。

当院では、4種類のカウンセリングを行っています。患者さんの話を良く聞きくことを心がけ、ニーズに適した診療を常に行うことを第一に考えているためにたびたびカウンセリングをさせていただいています。
カウンセリングでは、患者さんとコミュニケーションすることで治療の再発を防ぎ、予防することの大切さをお伝えしています。

基本的な流れは、患者さんに現在ご自身がどういう問題を抱えているかを認識していただき、我々がその問題をどう解決していくか示していきます。

4種類のカウンセリングとは、「初診カウンセリング」「治療方針説明」「補綴(ほてつ)案内」「予防カウンセリング」です。

初診カウンセリング:医院の考えを簡潔に説明
治療方針説明:口腔内の現状説明・今後の方針ついてのご案内
補綴案内:詰め物の種類・かぶせものの種類
予防カウンセリング:予防していかに虫歯の再発をなくせるか

(Step1)初診カウンセリング:医院の考えを簡潔に説明

初回のカウンセリングは、緊張ぎみの患者さんにまず安心していただく配慮をします。歯医者は恐くて痛いところではないことをご理解いただき、リラックスしていただくことを心がけています。
その上で、歯科パノラマX線写真を撮影する等の治療に必要な資料を収集します。。

(Step2)治療方針説明:口腔内の現状説明・今後の方針のご案内

実際に患者さんの口腔内をチェックさせていただき、目で観て現在の口の中の状況がどうなっているのかを説明します。
歯科用CT等による検査が必要な場合は提案し、これからの治療方針をご案内します。

(Step3)補綴案内:詰め物の種類・かぶせものの種類のご案内

補綴(ほてつ)とは、身体の欠損した部位の形態と機能を人工物で補うことを意味します。歯科においては、たとえば歯冠や歯の欠損を、義歯、クラウン、ブリッジなどの人工物によって修復することを指します。治療が進行するにしたがい、補綴することが必要な場合は、なぜ補綴が必要なのか十分に説明させていただいています。

(Step4)予防カウンセリング:虫歯の再発予防のご案内

治療が終了した際のカウンセリングです。大抵の方は「歯が治って良かった!」と喜んで終わりだと思っているかもしれません。しかし、本当に大切なのは「予防」なのです。
せっかく歯を治療して良くなったにもかかわらず、3〜4年後に再び歯が痛くなって来院される方がいらっしゃいます。以前よりも虫歯ができていたり、歯周病になっているケースもあるのです。3〜4ヶ月に1回は歯のメンテナンスに来院いただくようお勧めしています。
私たちは、歯科医師が歯を削る道具を持たないことを目指しています。しっかり保全・維持することこそが最終的な医療の目的だと考えているのです。

2.最高の医療=サービスとは、患者さんを一番大切な家族や友人として受け入れ、考えられる選択肢の中でベストの治療を誠心誠意で提供します。

→患者さんの良好な状態を当クリニックと協力して維持・管理する

「歯科の病気は再発して来院するケースが大変多い。患者さんの良好な状態を当クリニックと協力して維持・管理することが大切なのです、というのが一番の目標です。」7割〜8割が再治療であり、まったく治療していない歯を治療するのは1〜2割程度。
新規の治療をいかになくすかも大事だが、再治療をいかになくすかが非常に重要。患者さんと歯科医院が共同で歯の健康の維持管理をするということを重視。最終的にはQOL(クオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life))まで追求し、病気を治療することだけでなく、前向きな気持ちで日々を暮らしていけるよう、生活の質を高めるところまで提供していきたいと考えています。

3.患者さんのお口を通じて、カラダ全体の健康バランスのお役に立つために、歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・歯科技工士・受付として、どの役職においても患者さんにとってベストな治療を提供する健康コーディネーターとなります。


4.患者さんがリラックスできる、気楽で快適な空間の創造に努めます。また時間を守ること、患者さんをお待たせしないことをいつも心がけます。

スタッフに関する方針

1.プロフェッショナルとして自信を持って積極的に様々な業務に取組むと同時に、謙虚な姿勢をもちつづける医療人として魅力ある人を目指します。

2.プロフェッショナルとして、全ての人から親しみを持たれ、愛される人になる努力を重ね、患者さんからの信頼の厚い、頼れる人となることを目指します。

3.歯科に対する「恐怖心」、「治療内容・金額・期間等の説明の不足」、「コミュニケーションの不足」など不満を軽減するよう改善努力を徹底します。

4.医療人・社会人としてモラルをわきまえ、徹底した気配り・心配りのある行動をします。

地域社会に関する方針

私達は、地域の人々の健康増進に貢献するため、充分な説明やコンサルテーションを通じて、お口のケアに関する意識を高め、虫歯や歯周病はもちろん、全身の疾患に関しての意識の向上に努めます。


医療法人社団大樹
理事長 大矢 敦司