医療法人社団 大樹

忙しい ビジネスマンの皆様へ

集中治療

ビジネスマンを中心に忙しくて時間のない方には、集中治療をお勧めしています。1回の診察でしっかり時間をとって、通常数ヶ月の通院が必要なところを短期間で完了させることができる治療です。事前にスケジュールを組んで治療計画を立て、時間を長めに取って集中して治療をします。

通常3回の治療が必要な場合も1日にまとめることもあります。3〜4本の歯を治療するときに、1本ずつやるところを一度でやれば時間は1/3〜1/4になります。通常の診療だと30分のところを1時間から1時間半かけてまとめて行います。一度にやるから痛いというのはイメージでしかありません。転勤や海外赴任の前には受ける方が多いです。

セレックによる1日治療

当院では、患者さんにできるだけ時間的な負担がかからないような工夫をしています。そのひとつに設備があります。当院では世界最高峰の最新機器を用意しています。これにより、今まで何度か医院に足を運んでいただいたり、数日を要する治療が1回の治療で完了することを可能にしました。「セレック」という被せものやインプラントのような歯の修復物を設計・製作する機器を導入することで、たびたび来院いただいていた手間を省き1回もしくは2回程度の来院で治療を完了させることが可能となりました。

セレック(CEREC)システムは、医療先進国ドイツのsirona社製のコンピュータ制御による歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。最先端の3D光学カメラを使用して口腔内の患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現するため、これまでのように歯型を取る必要がないのが特徴です。患部をスキャンした後、3D画面上にて修復物を設計します。この設計データを基に回転するカッター(ミリングマシン)によって作製します。セレックを活用することで、歯科技工士に依頼することなく歯科医院で歯の修復物を作製できるので、出来上がりが早く、経済的です。規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も約1時間と非常にスピーディーです。

▼セレックの特徴

1.治療にかかる時間が短い

ほとんどの症例は約1時間で終わるほどスピーディー。1回の通院で修復物をセットできるため、通院の手間もありません。

2.高品質なセラミックブロックで作製されるから高耐久

規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても高い耐久性を持ちます。15年後の残存率を調べた臨床研究によれば、通常の治療では約68%なのに対し、セレック治療は約93%と非常に高い結果を出しています。

3.上質なセラミックを使っているからきれい!

金属ではなく上質なセラミックを使っているので、自然で美しい見た目を実現できます。

4.金属アレルギーの心配もありません。

金属ではなく上質なセラミックを使っているので、自然で美しい見た目を実現できます。


※セレック(CEREC)とはCEramic REConstruction(セラミック修復)のこと。
※症例により型取りが必要な場合もあります。

ちなみに、この機器を導入している歯科医院は日本国内では3%に満たないほどです。

レーザーによる歯質強化

レーザーによる歯質強化をすることが可能です。レーザー照射により耐酸性が上がり、歯質が通常の2.5倍強化されるので、虫歯になりにくい歯に生まれ変わるのです。5,000円〜1万円程度とお手頃の金額でできるのも魅力です。あらかじめ虫歯になりにくい歯にしておけば、歯科医院に来る時間が不要なので、自動的に時間の節約になるわけです。レーザーは1000数百度です。うちにあるレーザーだと照射する時間は3/1000秒程度なので、熱くないし、痛さも感じません。熱いやかんやなべを瞬間触っても大丈夫なように、瞬間的な高温は人間は感知できないのです。そこまで高温になると、一瞬で歯の表面だけを溶かすことができます。歯の構造は、細い管が集まっている形です。そのため表面に無数の穴が開いています。その表面をレーザーによって溶かすことによって管の穴をふさぐことができるのです。穴がふさがれることによって、虫歯菌が入ってこないようにすることができるのです。レーザーを適用するときにフッ素のジェルとかを入れておくことで、フッ素的な強化も可能となります。

レーザーによる歯質強化というのは、結局口腔内をきれいにしていない中で行うのはほとんど効果は期待できないかもしれません。しっかりとケアをして、プラスアルファのオプションとしてそこレーザーで歯質強化の効果が出てくると思います。フッ素を塗って、レーザーを照射することで効果が出てきます。以前、キシリトールガムで虫歯予防をしようというCMが流行ったことがあります。ブラッシングをしなくてもガムだけを噛んでいればそれで良いと思われていました。しかし、それは無理な話です。あくまで基本があって、それに付加価値としての利用ならOKというだけのことです。歯ブラシをしない状態でガムを噛んでいたとしても、虫歯予防にはなりません。ケアしないでいれば、ガムを噛んでも、レーザーで歯質強化をしても、根本的な改善にはならないのです。