医療法人社団 大樹

日本でも歯の意識が高まってきている

ホワイトニングは、治療というよりはほぼ100%の患者さんが審美を目的として受けられています。
そのため女性が多いです。
ただ、最近では男性の患者さんも増えてきました。
ビジネスの場面で清潔感を演出するには歯が白いことはとても大事だと認識が広まってきたということだと思います。
また、差し歯をやり替える時などは、既存の色に合わせるのではなくホワイトニングをした色に合わせた差し歯にしたいとおっしゃる方が増えてきています。
今までだったらそのまま入れ替えていましたが、ホワイトニングをして歯をきれいな色にしてから差し歯を入れるという流れが出てきました。
日本でもだんだん歯に対する意識が高まってきたようです。
ホワイトニングをする方は着実に増えてきています。
20代〜30代の女性が中心ですが、60代の方もいらっしゃいます。

カテゴリー: コラム